ユーザー車検をしよう!車検費用を減らす有効手段

車検にかかる費用は大きい

車を所有していて公道を走らせたいというときには車検を受けなければなりません。十万円以上も費用がかかってしまうことが多いのが車検ですが、実は節約する方法があります。一般的に法定費用と呼ばれている自動車重量税、自賠責保険料、印紙代を除くと、残りは車検を業者に依頼しているためにかかる費用です。これらは車検基本料と呼ばれるものであり、依頼した業者によって大きく異なります。ディーラーや車検専門店、カー用品店などで車検を依頼することができますが、今までディーラーに依頼していたのを他に依頼することによって安くなることは珍しくありません。しかし、さらに安くしたいと考えたらユーザー車検を利用する方法があります。

ユーザー車検とは何か

ユーザー車検とは自分で車検を通す方法であり、基本的には必要書類を準備して自分で検査場に行って車検を通すのがユーザー車検です。整備が必要な場合には自分で行わなければなりませんが、もともと車検を通せる程度の車の状態なのであればユーザー車検を利用すると法定費用以外にはほとんど費用がかからなくなります。車検を受けるための手数料がかかるだけであり、もし不合格になってしまってもその日のうちであれば余分に費用をかけることなく車検を受けることが可能です。ユーザー車検を利用する人が増えてきているため、予約が長蛇の列になる場合もあるので注意しましょう。受け慣れてしまって車に少し理解を持てるようになると簡便な方法にもなります。

大切な移動手段となる車ですが、維持費がかなりの高額です。必要不可欠な車検の費用はやはり大変な出費となります。安く安心できた車検にする為に多数のお店を調べ、無料見積りをすることがおすすめです。