なんでもいいと思っていませんか、ヘッドホン一つで音が変わる!

手軽に音楽が手に入る時代だからこそこだわろう

今や音楽はCDではなくダウンロード販売が主流となり、世界中どこからいつでも買うことが出来るようになりました。メジャーデビューだけでなく自主レーベルでも音楽を配信出来るようになりました。それら音楽は通勤通学はもちろん、自室でなどどこでも好きな時に聞くことが出来るようにもなりました。手軽に手に入る用になった音楽ではありますが、良い音で聞くのならばヘッドホンにこだわりたいところです。元々の音質が良いはずなのにどうして音がクリアに聞こえないんだろうと思うのならばなおさらです。ヘッドホン毎に性能が違って面白いですよ。中には音楽のジャンルによってヘッドホンを変えるマニアな方がいるほど深いものなのです。

それぞれどんな違いがあるの

そもそも音楽には音域があります。簡単に言うと唸るようなベースの低音域、シンバルやシンセ、ボーカルなど目立ちやすい高音域、ストリングスやメインのサポートをしている中音域です。これらの要素が混ざって一つの音楽が完成していますが、それぞれのヘッドホンによってこれらの音域を再生できる能力が違います。低音域を殆ど再生できない、低音を迫力のある音にしてくれる、高音域がよく出ているなどです。かといってどれかが絶対に良いともいいきれないのがヘッドホンです。例え低音を出せないとしてもラジオを聞く分には差し支えない、高音域は人間が聞き取れる範囲までで十分なのでそれ以上のは不要であるなどそれぞれに需要はあります。値段も様々あり、100円程度のものから1万円を超えるものまであります。

オーディオはプレミア価格で取引されているものもあり、店舗のみならずネットでもオーディオの買取を行っています