オーボエを始めてみたい!どう選べばいいの?

オーボエを始めてみたい!

木管楽器で最も難しいと言われるオーボエですが、その音は非常に個性的で魅力的。やってみたいと思われる方もいらっしゃると思います。そしてすぐに楽器屋さんへ足を運んでも、何が何だかよくわからない、となると思います。そこで、オーボエを選ぶポイントについて、お話ししましょう。

オーボエを始める、その前に

実は楽器屋さんに足を運ぶ前にやっておくとよいことがあります。それは木工です。オーボエのリードはなんと、自分で作らなければなりません。ケーンという葦の一種を削って、先端を0.6ミリほどの厚さにします。このように手先の器用さが必要な楽器なので、木工などで慣れておくとよいでしょう。オーボエのリードは、長くもっても1週間程度。プロだけでなく、アマチュアの方でも、自分で作られている方がほとんどなのです。

楽器を探しに行こう!その前に

木工にもなれたし、楽器を探しに行こう!と、その前に、探すものがあります。それは信頼できる楽器屋さんです。オーボエはリード作り専用の道具やメンテナンスのための小道具などを買うために、頻繁に楽器屋さんに通うことになります。ですから、アフターケアのしっかりとした、本当に信頼できる、楽器を任せて大丈夫と思える楽器屋さんを探してください。

そして、独学でマスターするのは、不可能ともいえるほど難しい楽器なので、まずは先生を探してください。試奏をするのにも、しっかりとしたリードがなければチェックできません。もし、心当たりがないのであれば、楽器屋さんに相談してください。しっかりとした楽器屋さんならば、馴染みのプロの演奏者がいるはずです。

楽器は決して安くない買い物です。信頼できる楽器屋さんで、長く付き合える相棒を、ゆっくりと見つけてください。

オーボエというのは木管楽器のひとつであり、その中でもダブルリードと呼ばれるリードを使って演奏する楽器です。オーケストラや吹奏楽で用いられます。