見てビックリ!車検代がおもったよりも高くなるのはなぜ?

なぜ高い?車検の落とし穴

広告で安く車検ができるとして宣伝されていることが多く、安く済ませたい人にとってありがたい情報です。
しかし実際に車検をしたところ思っているよりも高くなることがあり、困ってしまう方がいらっしゃいます。
ではなぜ高くなることがあるのかですが、それは修理費が追加されているからです。
広告などで宣伝されている金額は、あくまでも何も修理をしなかった場合です。
もし修理を必要とした場合、部品交換なら部品代とプラスして交換工賃が必要とします。
部品代が5千円程度とし、工賃が5千円なら追加として1万円が必要となります。
故障箇所により、部品代だけでも1万円以上必要とする場合もあり、更に時間がかかる作業を必要としているなら工賃も高くなります。
修理によって5万円以上必要とするケースもありますので、思ったよりも高い車検になることがあります。

その時の状況に応じて修理も選ぼう

車検時にもし故障をしている箇所があるのなら、修理することが良いのですが、ただ、全て修理しなければいけないわけではありません。
車検では、修理しなければいけない故障と現時点で修理しなくてもOKな故障があります。
できれば修理することが望ましいけれども、予算の都合上難しいのなら、後日修理にすることが良いです。
ただし、車検時に修理しなかった場合、故障に関しての保証が受けられなくなりますし、何かしらのトラブルがあったとしても自己責任となります。
自動車は安全に走行できる状態にすることが一番ですので、できるだけ予算に余裕を持たせて臨むようにしてください。

車検の料金を抑えるためには、車の保有者自身が車検を行うユーザー車検がおすすめとなっており、時間や準備はかかるものの結構な節約につながります。