必見!外車を中古で購入するなら確認しておきたいポイント

輸入された経緯を見ておく

外車を日本に持ってくるにはいくつかのやり方があります。一つは正規輸入店が仕入れているものと、個人や一般の業者が現地で販売されている車を独自に輸入しているケースです。

特に中古車の場合は、当たり外れが大きいと言われています。ただし、トラブルを避けられる可能性が高いのが、前者のやり方で輸入した車です。その理由は、正規輸入店ではまず下取りした中古車の中から良いものを選定しています。さらにそれを整備してから市場に出しているのです。よく中古車情報誌や正規輸入店のホームページに載っている「認定中古車」と書かれているのがそれです。多少値段は高くなるのですが、保証がついているものもあるなど、長く安全に乗るなら検討しておきたいです。

オーナーの人数を確認

中古車にはワンオーナーといって、一人しか乗っていないものから、数十人の手に渡っているものも稀にあります。もちろん何年も前に生産された希少なクラシックカーであれば、オーナーの数は二桁いくのも珍しくありません。ところが、現行車であるにもかかわらず、極端に売り買いを繰り返されているなら、その外車は避けておくに越したことはないでしょう。理由は、短期間で手放すということは何かしらの問題を抱えているかもしれないからです。しかもオーナーが増えればそれだけ素人が勝手に修理していたり、社外の部品を取り付けていたりする確率が高まり、故障の原因となります。

中古の外車を買うなら、オーナーは何人いたのかを聞いておくと良いでしょう。

ボルボの中古車を購入したい方におすすめしたいのは、製造年や車検について確認することです。定期的なメンテナンスについて、購入した業者で確かめておくことも大事です。