初心者必見!簡単にできるバイクのカスタム

カスタムしていることがわかる部分

バイクのカスタムにはさまざまなやり方があります。走行性能を変えてしまうものや、燃費が良くなるようにするなどです。ところがこれらは、パッと見ただけではカスタムしたことがわかりまけん。おまけにカスタムするには、専門的な知識と技術がないとできるものではないです。

それでもカスタムしたいという初心者なら、シートを交換してみると良いでしょう。バイクに詳しい人ならすぐに気がついてもらえる部分なので、やり甲斐もあるというものです。しかもどのバイクのシートも基本的にはボルトやナットで固定しているだけなので、作業自体は数分で終わります。

ただし、純正品以外のシートを使う際には、加工をしないと取り付けられないなどは珍しくないのです。そのため、そのままでも使えるのか、手を加えるなら自分でもやれるのかを確認しておきましょう。

少し慣れてきたらやると良いこと

少しバイクをいじるのに慣れてきたら、タイヤの交換にチャレンジしてみるのも良い方法です。

見た目が変わりますし、走り味に関しても変化する場合が多いです。こちらもやり方はそれほど複雑ではありません。ただ、気をつけたいのは中途半端にやると事故の原因になるという点です。そこで作業の前にきちんと道具を揃えておきたいです。中でもトルクレンチは重要で、ナットを適正な強さで締め込めるのであると安心です。

そしてタイヤを替えたら、必ずセンタースタンドを立てた状態で、手でタイヤを回転させます。これはタイヤが真っ直ぐに取り付けられたかどうかを確認するためで、もしも歪んでいるなら修正するのではなく最初からやり直すのが無難です。

バイクに加速や伸びを求めるならバイクのカスタムがあります。要望や目的に合わせてチョイスできるため理想のバイクに仕上がります。